読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時と場合によりけり

日々のアップデートとイノベーションに翻弄され彷徨える IT エンジニアの覚書

macOS Sierra に anyenv で rbenv をインストールする

Mac anyenv Ruby

概要

Mac に anyenv を使って rbenv をインストールします。
また、インストールした rbenv を使って、Ruby 2.3.1 をインストールしてみます。

anyenv のインストールについては、以下のエントリーを参考にしてみてください。

stangler.hatenablog.com

ハードウェア

  • マシン: Macbook Pro Early 2011
  • OS: macOS 10.12 Sierra
  • メモリ: 16 GB
  • ストレージ: SSD 512 GB

ソフトウェア

  • anyenv
  • rbenv 1.0.0-33-gc7dcaf1
  • rbenv-gemset v0.4.0
  • Ruby 2.3.1p112

rbenv

rbenv とは

ひとことでいうと、複数バージョンの Ruby を簡単に切り替えて使えるようにする仕組み。

github.com

anyenv でインストールできる、なんとか env の一覧を確認

% anyenv install -l
Available **envs:
  Renv
  crenv
  denv
  erlenv
  exenv
  goenv
  hsenv
  jenv
  luaenv
  ndenv
  nenv
  nodenv
  phpenv
  plenv
  pyenv
  rbenv
  sbtenv
  scalaenv
  swiftenv

結構あります。

インストール

% anyenv install rbenv

シェルの再起動

% exec $SHELL -l

確認

% rbenv versions
* system (set by /Users/xxxx/.anyenv/envs/rbenv/version)

rbenv-gemset

rbenv-gemset とは

自分が使いたい場所で、自分が使いたいライブラリ( gem )と、そのライブラリが依存しているライブラリだけを、セットしてくれる rbenv のプラグイン。これがないと、ライブラリなら、なんでもかんでも1ヶ所に放り込まれて、わけがわからなくなります。

GitHub - jf/rbenv-gemset: KISS yet powerful gem / gemset management for rbenv

インストール

% cd ~/.anyenv/envs/rbenv/plugins
% git clone git://github.com/jf/rbenv-gemset.git

Ruby2.3.1 インストール

macOS Sierra にあらかじめ入れられていた Ruby の確認

% ruby -v
ruby 2.0.0p648 (2015-12-16 revision 53162) [universal.x86_64-darwin16]

rbenv でインストール可能なリストを表示

% rbenv install -l

ずらずらずら〜っと大量に表示されます。

インストール

% rbenv install 2.3.1

rehash コマンドを忘れるとインストールされてもいても動きません。(以前、私はこれをよく忘れてました。)

% rbenv rehash

Mac のデフォルトとして使用する Ruby のバージョンを設定

設定

インストールした 2.3.1 をシステムワイドに使うよう global コマンドで設定してみます。

% rbenv global 2.3.1

確認

% ruby -v
ruby 2.3.1p112 (2016-04-26 revision 54768) [x86_64-darwin13]

無事、2.3.1 が設定されました。
以上です。