時と場合によりけり

日々のアップデートとイノベーションに翻弄され彷徨える IT エンジニアの覚書

macOS Sierra に設定した Vagrant VM を Ansible コマンドで ping-pong

概要

macOS Sierra に 導入した Vagrant VMCentOS 6.8 )に、Anaconda でインストールした Ansible から ping-pong( Ansible の動作確認用 ping モジュール実行)してみます。

Vagrant VM については、以下のエントリーを参考にしてみてください。

macOS Sierra に VirtualBox と Vagrant で CentOS の仮想マシンを導入する - 時と場合によりけり

Ansible については、以下のエントリーを参考にしてみてください。

macOS Sierra に Anaconda を使って Ansible をインストールしてみる - 時と場合によりけり

ホスト

  • マシン: Macbook Pro Early 2011
  • OS: macOS 10.12 Sierra
  • メモリ: 16 GB
  • ストレージ: SSD 512 GB
  • anyenv
  • pyenv 1.0.2-37-gaa36a3f
  • anaconda2-4.1.1
  • Python 2.7.12
  • ansible 2.1.2.0

ゲスト

ディレクトリおよびファイル構成

% pwd
/Users/xxxxx/Ansible/basic

% tree
.
├── Vagrantfile
├── ansible.cfg
├── hosts
└── ssh_config

Ansible 確認

一応、macOS Sierra にインストールした Ansible のバージョンを確認しておきます。

% ansible --version
ansible 2.1.2.0
  config file =
  configured module search path = Default w/o overrides

Inventory ファイル作成

% vim hosts
[vagrant]
basic

ansible.cfg ファイル作成

% vim ansible.cfg
[defaults]
hostfile = hosts

[ssh_connection]
ssh_args = -F ssh_config

ssh_config ファイル作成

VagrantSSH コンフィグファイルをコピーして ssh_config という名前のファイルを作成する。

% vagrant ssh-config > ssh_config

作成した ssh_config の Host 名を任意の名前(ここでは basic )に変更する。

% vim ssh_config
Host basic
  HostName 127.0.0.1
  User vagrant
  Port 2222
  UserKnownHostsFile /dev/null
  StrictHostKeyChecking no
  PasswordAuthentication no
  IdentityFile /Users/xxxxx/.vagrant.d/insecure_private_key
  IdentitiesOnly yes
  LogLevel FATAL

ping 実行

ping を実行してみましょう。

% ansible basic -m ping
dev-basic | SUCCESS => {
    "changed": false,
    "ping": "pong"
}

こんな感じで pong が返ってくれば OK!